HOME > BLOG > 木村多江 色の時感

木村多江 色の時感

vol.69
寒中お見舞い申し上げます。
新年を迎え、気持ちも新たに皆様スタートしているころですね。
お元気でしょうか。お正月、少しでもゆっくり過ごせていたら何よりです。

私は元旦、山登りをしました。
600メートルほどの山なのでそんな大げさな話ではないのですが、
実は昔から山登りが大の苦手、そんな私が登るというのはまあ、珍しい行動だったのです。

とはいえこれまたかっこいい理由ではなく、
年末気が抜けて食べ過ぎたっ(汗)、
そして三が日もきっと食べ続けるであろう・・・(汗)、という後ろめたさが大半です。
でも去年から、ちょっとずつ挑戦できることをしよう、と思ってきたので
めんどくさい、から一歩踏み出して登ることにしました。



山を登ったのは何十年ぶり?と言っても過言ではないので、ルールを知らなかったのですが、
下山して来る方が、みなさん、ご挨拶をしてくださるのですね。

「おはようございます!」「あけましておめでとうございます!」
話しかけてくださる方もいました。
なんだかとってもすがすがしい気持ちになって、
最初は恥ずかしかったけれど 私もご挨拶させていただきました。
そうしたらとても朗らかな気分になって、山登りが楽しくなってしまいました。
更に頂上は空気が澄んでいて、とてもにこやかな自分がそこにいたのです。
ずっと山登りは好きではないと思ってたのに、こんなに心が潤うことがあったんだ、
と教えてもらった気分でした。


ほんの一歩踏み出したり、見方を変えるだけで、まだまだ心を豊かにすることはあるのかもしれません。そんな小さな幸せを、今年もいっぱい見つけていきたいと思います。

まずは、朗らかに、挨拶を!
笑顔が連鎖していくと良いなあ。

みなさんのお心が、豊かに潤う年になりますように。。。

本年もよろしくお願いいたします。
 

2016年睦月
多江